ラン二ングに使えるグッズ

マラソン世界記録、日本記録を量産するナイキズームヴェイパーフライ4%は「買い」なのか?市民ランナーは履きこなせるのか?

キプチョゲ選手の”Breaking2”に始まり、マラソン界を席巻するズームヴェイパーフライ4%

ネット販売開始も瞬時に売り切れ。運良く買えた人でも試着すら出来ずに勢いで手に入れる有様ですよね。

さてこの記録を次々に塗り替える魔法のようなシューズは我々市民ランナーにとって「買い」なのかをワタシなりにお伝えしたいと思います。

結論

ナイキズームヴェイパーフライ4%の購入を検討しているならば、まずズームフライを試しましょう。

ズームフライを試して「これはいい!」と思ったら「買い!」です。

ズームフライを履いて「??」と思ったら撤退です。

ズームフライはスポーツ用品店に在庫があります。最近はzoomシリーズの新モデルが続々リリースされているのでズームフライはセール価格で入手できます。

理由

ズームフライはソールの形状が少し丸みを帯びています。この丸みが体の重心を結構前方に誘導します。フォアフット着地です。ズームヴェイパーフライ4%もこの感覚は全く同じです。この感覚がご自身の走りにフィットしなければ、ズームヴェイパーフライ4%はあまり価値のないシューズです。

お役を終えたzoom flyと新しく買ったzoom flyknit

ズームフライとズームヴェイパーフライ4%の違い

重心の前方への誘導は同じですが、走った感覚はかなり違います。

とにかく軽い

ズームフライ 281g、ズームヴェイパーフライ4% 206g。走るとこの違いは明らか。

 
クッションが物凄い

着地の衝撃を見事に吸収します。くだり坂でも思い切り踏み込んで走りたくなります。足に優しいです。

クッションが良いのにグニャッと沈まない

これがカーボンプレートのなせる技でしょうか…着地衝撃を吸収した後にきちんと反発します。よく進みます。

ワタシにとって最大の魅力は「足に優しい」ということです。自己ベストを狙ってハイペースで走っている時に、強い衝撃を吸収して守ってくれている安心感があります。

「自分のレベルでズームヴェイパーフライ4%は…」というご意見も時々耳にしますが、フォアフットの感覚がフィットさえすればオススメです。足に優しいからです。

問題はゲットできるかということですね。そしてお値段(涙)

ズームヴェイパーフライ4%を入手するには

ワタシは2足ゲットしました。昨年12月と今年10月。

昨年12月、ヤフオクで36,000円にて落札。最近は4万円超で取引されているみたいですね。

そして今年10月、アメリカnike.comネット販売開始直後のクリック合戦を現地在住の友人にお願いしてゲットしました。ありがたや。

そのアメリカ版nike.comで得た情報ですが…この新色ズームヴェイパーフライ4%が販売予定に上がっていたようです!

blue fox

ということは近々にこれが販売開始されるはず。ネットの情報にアンテナを張っておきましょう。クリック合戦また店頭で整理券をもらって抽選販売で買えるかもしれません。

ズームヴェイパーフライ4%のサイズに関して

ズームフライよりも0.5cmサイズの小さなズームヴェイパーフライ4%を選びましょう。似たようなシューズだから…と同じサイズにするとズームヴェイパーフライ4%はちょっとゆるくなります。本来試着して買えれば良いのですが…

めでたくゲットできたら

ズームフライを練習用にしてズームヴェイパーフライ4%はレース本番以外には履かないようにします。ソールの素材は発泡スチロールみたいで摩擦には弱いです。アスファルトでガリっと擦ったら、すり減ります。

それと…ズームフライで練習をしておいて、当日ズームヴェイパーフライ4%を履くといきなり足が軽く感じます。野球のネクストバッターズサークルでは重いマスコットバットで素振りをしてから、打席に入るような感覚ですね。

いろいろご紹介しましたが、ワタシがズームヴェイパーフライ4%をオススメするのは「足に優しい!」からです。足底腱膜炎を経験して以来、足に優しいものにはお金と手間を惜しまないようになりました(苦笑)

 

ランニングに関連するケガでお悩みの方は柳鍼灸院にご相談ください。

ランニング指導をご希望の方はこちらまでお問い合わせください。