*走り方講習会詳細・開催日・お申し込みはこちらから!

月刊ランナーズで「柳サブスリー道場」を連載中の柳ランニングコーチが直接ご指導します。

講習会では「ケガをしない、足に優しい走り方」をご紹介します。体幹の力を利用して軽く走るメソッドで、無駄な衝撃から足を守ります。そして軽く走っても良く進みます。理にかなった走り方なので、安全に長い距離を走れるのです。

多くの市民ランナーが正しい走り方を習うことなくランニングを続けています。

ランニングを始めて間もないランナーが走ることに慣れてきた頃に、足を痛めてしまうことが良くあります。あるいは快調に走り続けてきたランナーが自己ベストを更新すべく、今までよりもハードに練習した時に故障することが良くあります。

私は表参道で鍼灸院を開院しています。

こんな風にケガをして苦しむ市民ランナーの治療、リハビリを毎日しています。故障が癒えると、本格的にランニングを再開する前にランニングのレッスンを行うことも良くあります。

再発の防止には、無理のない走り方を習得することが何よりも重要なのです。そしてそれは自己ベスト更新を目指す上でも間違いなく近道です。

先日の東京マラソンでは極寒の雨の中、「柳鍼灸院ランニングクラブ」のメンバー5人中4人が自己ベストを更新しました。

「ケガをしない走り方講習会」を通じて、市民ランナーの皆さんに理にかなった安全な走り方を広めていきたいと思っています。

*走り方講習会詳細・開催日・お申し込みはこちらから!

お伝えする重要なポイントは3つ。『姿勢』『重心』「『腕振り』です。シンプルです。しかし1時間の講習会で画期的に『ランニングフォーム』の変化を感じて頂けると思います。

走り方講習会詳細・開催日・お申し込みはこちらから!