全長12kmで信号がたった4つ!世田谷・目黒・大田区を貫く不思議な緑道ランニングコースご紹介します!

緑が豊かで気持ちいい!真夏は木陰に救われて走りやすいランニングコースです。

スタート地点

桜新町駅から5分ほどの国道246沿道がスタート地点、ここから呑川をひたすら下ります。

綺麗な小川です。深沢地区の住宅街を進んでいきます。

木陰の多い遊歩道公園

日本体育大学まで来るとこの先は小川の上を塞いで遊歩道の公園にしています。

昔は小さな橋がたくさんかかっていた面影が残っています。

自由が丘の市街地エリアへ

スタート地点からおよそ3km。最初の信号で目黒通りを横断します。

都立大、自由が丘駅の西側をどんどん南下していきます。ここらへんは市街地です。

一番気持ちいいエリアへ

しばらく進むと木々が生い茂った緑道に入っていきます。東京工業大学の緑ヶ丘キャンパスの側道です。このランニングコースで一番涼しい林道みたいなエリアです。

スタートから5km弱、緑ヶ丘で目黒線の踏切を超えます。

ここで河川が復活します。

川沿いの道路を下ります。ここからは一方通行の車道ですが交通量はまばらです。途中緑の多い公園もあります。

2つ目の石川台の信号で中原街道を横断します。雪谷エリアを下っていきます。

お寺の厳かな雰囲気に変わります

池上エリアで国道1号に当たります。初めて川沿いから少し離れて国道を渡ってから呑川に戻ります。

丘の上にそびえる池上本門寺を左手に拝みながら進みます。雰囲気は一変します。

追い込みたい方はかなりハードな階段ダッシュが可能です(笑)

池上通りに当たって、池上特別出張所の前で最後の信号。

これを渡って進むと2kmほどで蒲田駅前です。JRの高架下の地下道を通って最初の角を左に曲がり30mくらいのところにスーパー銭湯「ゆーシティー蒲田」があります。素晴らしいゴールです。

緑ヶ丘でコースアウトして東急電鉄で帰宅するのもありです。緑豊かな美味しいとこ取りな感じですね。また池上までの10kmでもちょうどいいかもしれません。

池上以降、蒲田に近づくと多少汚れた河川の臭いもあり、快適ではありませんが「銭湯締め」は魅力ですね!

なかなか旅ランも気軽に行けない昨今の状況…プチ旅ラン感覚で是非お試しください!