ガーミンの心拍計がうまく測定できない!こんな対策あります。

ガーミンの心拍計が測定できていない

「今日は頑張って走ったし、ちょっと心拍データをチェックするか」と

German connectを開いたところ、こんなデータが…

「何これ⁈」

時々起こります。

普通はこんな感じ

故障⁉︎

測れたり、測れなかったりする場合はきちんとLEDの測定器が密着できていないことが疑われます。

心肺測定器が密着できない理由はこれです

ガーミンのベルトは結構硬いです。

そして時計本体も大きく、男性の手首でも背面全体を覆っています。

この測定不良は女性ランナーに多く発生します。

本体が大き過ぎる上に硬いベルトのために測定器が手首にフィットせず、隙間が出来ている可能性が高いのです。

こんな対策はいかがでしょうか?

ベルト交換!

明るい緑が純正品

このカモフラ柄のベルトは純正品のベルトよりも素材が柔らかく、ピッタリフィットします。

そしてベルト部分に「遊革」と呼ばれるベルトの余った部分を固定するパーツがあるのでブラブラしません。

ちょっと小洒落たカモフラ柄。気分転換にもなりますね!

こちらから購入サイトに入れます。なんと!1099円のお手頃価格。

 

ランニング指導ご検討の方はこちらまで。

お身体の不調でお悩みの方は柳鍼灸院にお気軽にご相談ください。

ガーミンの心拍計がうまく測定できない!こんな対策あります。” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。