質のいい睡眠で疲労回復できていますか?睡眠時無呼吸治療のCPAPを使って一年が経ちました。

マラソンの記録更新のためには「いいコンディションでいい練習をして、ゆっくり休んで、またいいコンディションでいい練習をする」というのを繰り返したいですよね。ここで大事なのが質のいい睡眠です。

しかし…意外とたくさんおられます「睡眠時無呼吸症候群」

ワタシもその一人。以前から大きないびきと無呼吸を繰り返していました。夜中には息が詰まって目が覚めることもしばしば。

そして一年前に意を決して検査を受けることに。

検査の結果、ワタシは一晩(7時間)に30回を超える無呼吸(10秒以上)がありました。中には10秒をはるかに超える無呼吸もたくさん。1時間に4回以上も息を止めて寝ていたんですね。

皆さん、もし「無呼吸症候群かな?」という心当たりがあれば

直ちに検査を受けてみましょう!

無呼吸症候群だったら、CPAPやるべきです。世界変わります。

メリットは

・朝はスッキリ、深い眠りから覚める感じ。

・慣れると呼吸が深くなり、心地いい。

・鼻呼吸により、喉や口がカサカサに乾くようなことがない。喉にやさしい→風邪をひきにくい。

デメリットは諸々あります。

・導入前に、自宅での簡易検査1回、入院検査2回あります。入院は一回2万円程度。

・毎月診察を受けなければならない。診察は3分以内、かなり形式的。

・費用はおよそ4,400円/月。CPAPのレンタル費用ということですね。

・夜中に顔面マスクを外してトイレに行くのは面倒。

・鼻が詰まっている時は点鼻薬をして、鼻の通りを良くしてからCPAPを使用するのが面倒。

しかし手間、出費に勝る価値があります。明らかに体調が良くなります。

そしてこれからの季節は空気の乾燥に伴い、喉の痛みや咳などの呼吸器系の風邪をひく可能性が高まりますね。呼吸器疾患はランニング中の心肺機能に大きなダメージを与えます。無呼吸症候群の人にはこの時期にCPAPは強い味方です。

ワタシは決戦の地・別府大分マラソンの宿にもCPAPを当然持参し、体調万全で本番に臨みました。めでたく念願のサブ3を達成することができました。

皆さんが万全のコンディションで勝負レースを楽しめることを祈っております!

 

ランニング指導ご検討の方はこちらまで。

お身体の不調でお悩みの方は柳鍼灸院にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です