スピード、スタミナ全く上がらず苦戦しています「何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ、いつか大きな花が咲く」

高橋尚子さんの好きな言葉です。

彼女の高校時代の恩師の言葉だそうです。

思うように練習の成果が現れない時、ワタシはこの言葉から力をもらっています。すごく腑に落ちる言葉だからです。

これまでの人生を振り返っても「頑張っているのに…何でこんなに結果が出ないの?」ということは分野問わず、よくありました。「なんでやねん」と落ち込んでしまいます。

でも切れずに頑張っていると…かなり遅れて成果が現れるような成功体験を何度も味わいました。

過去の成功体験にこだわる弊害もありますが…これは「真理」に思えます。

成果が出ない時、切れずにコツコツ頑張る。成長は遅れてやってくる。

下へ下へ根を伸ばす方法を一生懸命考えること、工夫することも大事ですね。

この夏は月間走行距離を自己最長まで伸ばして鍛えましたが、現状はスピードもスタミナもさっぱり冴えず。

「寄る年の波には勝てないのか…」という弱気になる瞬間もありますが、バシッと遮り「限界は自分が作ってしまうもの!」と己に喝を入れる今日この頃。

涼しくなったらグッと成果が現れるはず!

「何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ、いつか大きな花が咲く」

ちょっと苦戦中の市民ランナーの皆様、実りの秋は目の前!走りまくりましょう!