表参道にて柳鍼灸院を経営。また「柳鍼灸院ランニングクラブ」を主催するランニングコーチ。フルマラソンの自己ベストは2:55:05(2019別府大分マラソン)。現役の市民ランナー。53歳。

2002年に柳鍼灸院を開設し、様々な競技のスポーツ障害の治療に励む。怪我の治療と競技復帰のリハビリ、そして再発予防のためのトレーニング指導などを長らく行う。施術、指導したアスリートの数は二千人を超える。

主なスポーツ歴はアメリカンフットボール。大学、社会人で11年間QBとして活躍。引退後フットボールコーチとして三度の日本一を経験するなど日本フットボール界の最前線でおよそ30年間活躍。オービックシーガルズ、富士通フロンティアーズに所属。

48歳から本格的にマラソンを始める。アメリカンフットボールという瞬発力勝負のスポーツからフルマラソンという持久走の競技に転身。フットボールコーチで培った合理的な練習方法と、治療家として培った解剖学や運動学の知識を駆使して、市民ランナーをサポートする。